TOKAI 7Fr-TAU[FXタイプ]

TOKAI 7Fr-TAU[FXタイプ]

私たちが1989年に国産初のIABPを上市して20余年。
食生活の欧米化も進み、日本人の体型も変化しました。
国産メーカーとして、常に日本人の体型にあった製品を供給するため64MDCTにて約150例の詳細なデータを取得し、バルーン末端が腎動脈分岐部にかからないバルーンの再設計に取り組みました。
*PMDA医療機器の添付文書情報検索サイトとリンクしてます。
1. 上記、添付文書検索サイトボタンをクリックします。
2. 「企業名」のプルダウンメニューから「製造販売業者」を選択し、右の空欄に「東海メディカルプロダクツ」と入力します。
3. 閲覧したい医療機器を確認し、「添付文書」のPDFファイルをクリックします。必要に応じてこのPDFファイルを印刷してください。

機能・特徴

合併症対策の提案

バルーンによる腎虚血、腹部石灰化病変への接触によるバルーンラプチャーを回避し、高い補助効果が期待できるバルーン設計を採用しました。
ラプチャーは有意に女性が多いことから、男女別の適応身長を設定しました。
画像:適応身長の設定

専用シャフト構造により安定した駆動を実現

・コイルシャフト構造により、優れた耐キンク性を有します。
・蛇行血管追従性におけるルーメン変形を最小限に留めます。
画像:アウターシャフト拡大写真

施設搬送により異なる駆動装置へのカテーテル接続が可能

・テレフレックス社、ゲティンゲ社、泉工社への駆動装置接続可能とする。各社駆動装置接続用コネクターを同封しました。
・各社駆動装置のカテーテル駆動互換性確認済み(※自社規格による)

縫合なしでカテーテル固定が可能

縫合なしでカテーテル固定が可能
Contact

本製品に関する問い合わせは下記までお願いします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
トップへ戻る

あなたは、医療従事者・医療関係者ですか?

ここから先は、医療従事者・医療関係者を対象に作成されております。