Carnelian® PIXIE ER
高い末梢到達性に薬剤注入性を高次元で融合

マイクロカテーテル「Carnelian® PIXIE ER (ピクシーイーアール)」

Carnelian® PIXIE の従来性能に、カテーテルシャフトの視認性能を付加しました。"ER"とは(Enhanced Radiopacity:強化された視認性)の略です。
●手元側0.023/先端側0.017inchのテーバー内腔構造による薬剤注入性の確保
●先端外径の細径化と内腔テーパー構造による抹消到達性と薬剤注入性の両立




*PMDA医療機器の添付文書情報検索サイトとリンクしてます。

機能・特徴

Preshaped Variation

マイクロカテーテルによる血管選択性能をあげたい、そんなニーズをラインナップ化しました。
画像:ラインナップ

Add on Optimal Visibility

新しくブレード素材にタングステンを採用し、カテーテルシャフトの程よい視認性を付加しました。
画像:左:ピクシーER 右:ピクシー

Conventional Function

・先端外径はわずか1.8Fr。細い血管分岐から更なる末梢血管へのアクセスを可能にします。
・1.8Frでありながらも血管造影における十分な造影剤注入量を確保しました。
・独自のカテーテル内腔設計(prox0.023”/dis0.017”)は、先端外径1.8Frのマイクロカテーテルの使用感とは思えないようなハンドインジェクションの負荷軽減を可能にしました。
・内腔に施されたPTFEライナーは、様々な塞栓材料をスムーズに血管内へデリバリーします。また独自の内腔設計も注入時の操作を妨げないように工夫されています。
先生方から寄せられたケースレポートご紹介いたします。
Products

製品情報

可能性を拡げる3つのカテーテルの組み合わせ 
Triaxial system対応マイクロカテーテル
末梢到達性と安定性の両立、コントロール応答性を高めるため、手元側の剛性を確保しつつ、先端柔軟性を高めています。
弊社の新製品、イベント情報をメールにてお知らせいたします。
Contact

本製品に関する問い合わせは下記までお願いします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
トップへ戻る

あなたは、医療従事者・医療関係者ですか?

ここから先は、医療従事者・医療関係者を対象に作成されております。